ビジネスについて語る 転職について語る

今、仕事を辞めたいと思っている人達へ③

こんにちは、マスオです。

ダメリーマンが脱サラ・サイドFIREを目指すブログを毎日更新しております。


さて今日は昨日の続きです。まだ見てない方はこちらをどうぞ

関連記事
今、仕事を辞めたいと思っている人達へ①
関連記事
今、仕事を辞めたいと思っている人達へ②

退職決定後に考えたこと

2社目を辞める前には1社目と同じく次の仕事を探すべくハローワークなど通っていましたが、そもそも自分は今回何故退職するのか、次、何をすべきか?
深く考えてみようと思いました。

ここでようやく、真剣に自己分析を始めました。

今から考えると少し遅すぎたなとも思いますが、これも必要な経験でしたね。

私のダメリーマンたる由縁ですが、類推する能力が低いんですよ。

例えば「こう行動したら結果こうなるんじゃないか」とか「こう言ったら相手はこう返すだろう」とか。この能力がないと営業としては上手くいく可能性が低くて当然やなと思いますね。

失敗しなければ、自分で体験しなければ身につかなんですよね。
サラリーマンとして上手くやれる能力として、他者から聞いた話を自分のものとして積み上げられるかどうか、というのが大事やと思います。

先輩でも取引先でも、しっかりと話を聞き、それをまた別の先輩や取引先に話す。傾聴→類推→作業→伝達→傾聴→類推→作業→伝達この繰り返しが大事だと、気付きはしたのですが、気付いたからといってそれを上手に実行できる能力はまた別です。

私はわかっているのに上手くできないというジレンマに苦しみました。

自己分析の方法

3度目の正直で今回こそは失敗したくない!という思いのもと、複数の自己分析サイトを利用したり、適職診断、性格診断を行いました。

利用したサイトはこちらです。

エムグラム診断

マイナビ診断
その時の診断結果では、やはり営業職が向いていると診断されました。

もう営業はゴリゴリだと思う反面、2社目の会社でも、社内の人間関係(社長)が悪かっただけで、社外の人との交流もそれなりに行ってきましたし、ノルマ達成は無理でしたがある程度会社に利益ももたらしていましたから、

もしかしたらこの会社環境が悪かったんじゃないのか?

と思うようになりました。
最後に、もう一度だけ営業という仕事に賭けてみよう…と決心しました。

3社目の希望条件

希望条件も今回はかなり厳しくしました。

・2社目と同等、若しくはそれ以上の給料

・年休120日以上土日祝休み

・職場環境

・商社ではなくメーカー

・B to B(会社→会社)営業

・転勤なし
2社目は商社だったんです。もっと上流で限られた製品を販売したいという思いがありました。

あとどうしても個人宅への営業というのは抵抗がありました(個人向け営業の方ごめんなさい)。
また、今回は5年前と違いネットも発達してますのでスマホやPCで複製の転職サイトに登録して探しました。

私が利用した転職サイトと会社評価サイト

皆様このブログをご覧の方々は転職など既に検討されてて、当たり前だと思ってらっしゃると思いますが念の為、

下記に私の利用した転職サイトを記載しておきます。


リクナビnext

マイナビ転職

doda


転職サイトをポチポチ巡ってますが中々良いサイトが無いなぁと思ったり、あ、これ良さそうやん!っていうサイトも会社評価サイトで見ると案外良く無かったり。

会社評価サイトも複数登録して確認されるのをお勧めしますよ!鵜呑みにしすぎるのも良くありませんが実際にその会社で働いていた方の意見は参考になります。

因みに私の利用していた会社評価サイトはこちらです。
転職会議

enライトハウス(旧カイシャの評判)

openwork

複数のサイトを比較することでその会社のことが深く理解できます

もちろん、会社のHPチェックは当たり前ですね。

転職エージェントの活用

転職サイトに登録していると、転職エージェントを利用しませんか?というメールがきました。

何やら転職エージェントと面談して、エージェントが自分の希望にあった求人を送ってくれると。

なるほど、と思い登録して、早速エージェントにお会いして自分の希望をお伝えしました。


私はまだギリギリ20代で、営業のキャリアが5年ほどありましたので、営業という職種もあり求人は多く、選べますよ、との事でした。
また、エージェント経由で一般の方に公開していない求人も教えていただけるので、転職を検討されている方は間違いなくエージェントに一度相談すべきです。

私はDODAインテリジェンスのエージェントにしか相談してませんでしたが、できれば複数のエージェントとお話しするのが良いと思いますね。
私が相談したエージェントはこちら

 

現実的な話をすると、エージェントからは確かにいくつも求人を紹介されましたが、その中でこれ!という求人は中々ありませんでした。

エージェントからいくつか会社を受けてみては?というアドバイスもあり、2社位受けてみました。

1社は内定をもらいましたが自分の価値観に合わず、もう1社は面接時からブラック臭がしたのでその場でお断りしました。

3社目:ITソフトメーカー

何度かエージェントの方と電話してやメールでやり取りを行い此方の要望もお伝えし、今の会社を紹介いただきました。

求人の内容は

・官公庁向けシステム営業

・年休120日以上土日祝休み

・ソフトウェアメーカー

・業界no.1の導入実績

・給料前職より多めだが高すぎず
自分の中で、安定感を感じました。

会社評価サイトを見ていても、悪い評価は給与待遇に関する部分ぐらいで、そこまで悪い評価はありませんでした。
そこからこの会社の事をネットで調べられるだけ調べ上げ、ここならと判断し面談を受けました。
3次面接までありましたが、なんとか無事合格する事ができました。
詳細は省きますが、この会社はホワイト企業でした。(いや、今現在も人によりますがホワイト企業だと思います)

ホワイトな点

・有給休暇がとりやすい

・官公庁相手なのでカレンダーの休日に取引先から電話がかかる事はない

・残業少ない(毎日1時間程度)

・ある程度まではしっかり昇給していく(業績によりますが)

グレーな点

・経費や予算に厳しい

・ノルマに対する追い込みはある

・地域格差が酷い

・残業代は出るものの申請しなければならず空気的にサービス残業になりがち

ホワイト企業にステップアップして辛かったこと

正直何もかもが前職よりもやりやすく、ここが自分の天職だ!と思っていた時期がありましたが、周りの人間はかなり仕事ができる人ばかりで、私はやっていけるのだろうか?と不安になりました。

上司も理不尽な叱責はなく、逆に本当に私が仕事のミスなどをした時はしっかりと指摘されるので、より自分の不甲斐なさを実感するわけです。
これ、当たり前の事なんですよ。当たり前の事が辛いんですね。

おいおい、文句言ってんじゃねーよ!って声が聞こえてきそうですが、何を辛いと思うかは人それぞれなんですよ。
会議で上手に発言できなかったり、伝え方がうまくなかったり、周りとの比較でどんどんと「なんで自分はこんな良い環境で仕事ができているのに成長できてないんだろう」と酷く落ち込んでしまいます。それでも前職に比べれば天国のような環境だと思いながら6年続けてきましたが…

毎年上がり続けるノルマとプレッシャーをかけられ続ける状況に、「いや、これもう無理だわ」となりました。

ダメリーマンの思考回路

しかしこうなってくると、もうわからなくなるわけです。

・自分に向いている仕事なんてないんじゃ無いのか

・自分は何をやってもダメなんじゃないか

・そもそもサラリーマンに向いていないのでは無いか
こういった思考に陥いるわけです。

ダメリーマンの典型的思考回路かなと笑

だってホワイト企業に入社してるのに!

理不尽に怒られているわけでもないのに!

給料もそれなりにもらえてるのに!
なのに何故、こんなにも苦しいのか。自分を責め続ける日々が続きました。

退職を決意

そんな中、第一子が誕生しました。


本当に可愛くて、この子の為にも頑張らねば!と普通の人なら思うところですが…私の場合は「仕事辞めたい!」となりました笑
実は今年になってからお金や投資について勉強する事が多くなり、その中で改めて自分自身が本当に望んでいる事、我が子に対してどんな親でいたいか、という事を考えました。
そして、サイドFIREという生き方を知り、今に至ります。

さて、この話を聞いて皆様はどう思われたでしょうか?
私の事を責める方もいらっしゃるでしょうね。

でも私は、自分に正直に生きていきたいんです。
私は、誰かに怒られたり詰められたりしながら我慢して生きていくのが嫌になったんですね。

であれば自営業として全部自分の責任の元生きていきたいです。

本日のまとめ

・転職する場合は転職サイトだけでなくエージェントに相談すべき

・ホワイト企業は存在します!

・ホワイト企業でも自分の実力次第ではブラックになり得ると心得よ

・本当にやりたい事をやるべき


それでは、今日はここまで。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

マスオ

30代妻子持ちダメリーマンが脱サラしてサイドFIREを目指すため、色々な副業を行っております! Googleアドセンス2週間で一発合格! このブログではより良い人生を送るためのビジネス(営業、転職など)や筆者の趣味について役立つ情報を発信していきます! どうぞ、よろしくお願いいたします。

-ビジネスについて語る, 転職について語る
-, , ,

© 2021 ダメリーマンがサイドFIREを目指す